ブランドを立ち上げるなら、ロゴデザインにこだわろう

ロゴとブランディングについて新しくブランドを立ち上げる場合、ロゴ制作が大切なことになってきます。ロゴは、企業や取扱う商品などのイメージを形や物として表してくれます。イメージなどを考えずにロゴ製作をしてしまうと、企業や商品のイメージを壊してしまうこともあるので使えなくなってしまいます。それだけブランドロゴは大切になってくるので、これからのビジョンなどを考えてのロゴ制作が重要になります。

ロゴ制作で大切なポイント

ロゴ制作で大切なポイントは、企業や商品のイメージに合わせたデザインにしていくことです。ブランドロゴは、企業のパンフレットや商品などに使われるため、多くの人の目に触れることになります。この時、ブランドロゴとして、見た人の印象に長い期間残ることが重要になってきます。印象に残ってもらうためには、一目でロゴマークと認識してもらう必要があります。この時に重要なのは、ロゴマークの色使いです。他の物と同じような色使いでは、ロゴマークとしてハッキリと認識してもらうことが難しくなります。ハッキリと認識してもらうためには、ロゴデザインを白黒でもはっきりわかるようなデザインにするとこです。カラーでロゴ制作を始めてしまうと、認識しにくいデザインになってしまうことあります。白黒からロゴ制作を始めると、認識しやすいデザインになります。

ロゴ制作では、使用する色の数も重要です。

色を使い過ぎてデザインしてしまうと、何のマークなのかわかりにくくなります。それでは、ブランドロゴとして使うことが使用することはできません。あまり色を使い過ぎず、企業や商品のイメージに合った目立つ色を使うようにしましょう。

目立つようなデザインにすることも大切です。

他の企業などと同じような形状では目立つことができず、見た人の受ける印象も少なくなります。他とは少し形状にすると、ブランドロゴとして記憶に残ることが多くなります。他の企業のロゴマークの著作権を侵害しないことも重要です。あまりにも似たデザインにしてしまうと著作権侵害の可能性がでてしまい、企業に対する信頼がなくなってしまいます。企業のビジョンを考え、他社とは違うロゴデザインにすることが大切です。