広告デザインやグラフィックデザインを依頼する時に気をつけること

仕事の関係で、広告デザインやグラフィックデザインの制作を専門の会社またはデザイナーに依頼することがある人も少なくないと思います。その時に、自分の想像していたものと完成品が違ったり、相手とのコミュニケーション不足で上手くいかないなど問題が発生したことはありませんか。こういうことが起きないために、依頼者側も準備することが大事です。どのようなデザインにしたいのか口頭で伝えるだけではなかなか理解してもらえないと思うので、事前に完成イメージを紙に描いてそれを担当者に見せることをおすすめします。

デザイン 依頼 についてのご相談はこちら

 

色や文字の字体など具体的な要望がある場合はそれを書き出すとより相手が理解できスムーズに話が進むと思います。また、何を宣伝したいのかを考えることが大切です。情報を詰め込みすぎてしまうと、逆にわかりにくくなり印象が薄れる可能性があるからです。完成後に追加や変更をしたくなる気持ちもわかりますが、冷静になってこの情報は必要なのかと考えてみてください。

 

発注者は、どれだけ自分のイメージがデザイナーに理解してもらえるように伝えることが出来るのかが重要です。少ないやり取りで創造していたデザインを制作してもらえるように注意してみてください。